リーズナブルで効果の高い博多の脱毛クリニックをリサーチ

HOME » 知っておきたい医療脱毛Q&A » 痛みや体への影響は?

痛みや体への影響は?

このページでは、レーザー脱毛の安全性について解説しています。

レーザー脱毛の痛みってどれくらい?

クリニックで行うレーザー脱毛の痛みは「輪ゴムで肌をパチンと弾いた程度」と言われています。

ただし、痛みは毛質や量によって違ってきます。毛の色が濃く、量も多い場合は痛みも強く感じる傾向アリ。

この場合、最初はレーザーの出力を弱めにして施術を行いますが、回数を重ねるたびに毛量が減ってくるため、痛みも少なくなってきます。

痛みが少なくなったら徐々に出力を上げ、脱毛効果を高めていくのが一般的です。
ちなみに、脱毛機器には患部を冷やす機能や、皮膚を吸引しながらレーザー照射する機能など、痛みを軽減させる機能が備わっています。
これは機種によって違ってくるので、どのような機能があるのか事前に確認しておくとよいでしょう。

痛みに弱くて耐えられない人には、麻酔クリームやテープなどで表面麻酔を行う方法もあります。

なかには、笑気麻酔を使用するクリニックもあるようです。笑気麻酔は笑気ガスと酸素を一緒に吸引することで、恐怖心と痛みを軽減する方法です。

腫れやヤケド、副作用の心配はない?

医療レーザー脱毛は医師・看護師によって行われるため、かなり安全性の高い脱毛法です。
しかし、皮膚の腫れやヤケドが100%ないとは言い切れません。

体調や皮膚のコンディションによっては、肌トラブルを起こすこともまれにあるようです。
ただ、クリニックではレーザー照射前に専門医の診察がありますし、出力も適切に調整してくれます。

それゆえに、トラブルの可能性は非常に低く、症状も軽度であるとされています。

万が一、皮膚にトラブルが起こったとしても、医師・看護師が常駐しているクリニックなら迅速かつ適切な処置が受けられるので安心。

皮膚トラブルは早く処置すればするほど回復も早くなります。軟膏などの薬剤をその場で塗布・処方してもらえるのも、医療機関で脱毛するメリットと言えるでしょう。

最後に副作用です。

レーザー脱毛に使用する光は人体に対して無害であり、副作用はありません。
とくに、医療レーザーは脱毛のみを目的として出力レベルを設定しているため、有害な作用は一切ありません。

レーザー脱毛を避けた方がいい時期は?

日焼けはNG!
レーザー脱毛の光は、メラニン色素に反応するという性質を持っています。
そのため、過度に日焼けした肌には照射不可。

ヤケドなどの原因となってしまうため、施術ができなくなってしまうのです。

レーザーの出力を上げて脱毛効果を高めるには、色白の肌の方が◎。

レーザー脱毛を受けている期間は紫外線対策をしっかりと行い、念入りに肌をガードする必要があります。

妊娠中・生理中は避ける
妊娠・生理中の女性の身体は、ホルモンバランスが不安定でとてもデリケート。

できれば、脱毛処置は避けた方が賢明です。肌も敏感になっていますし、メンタルも不安定になりがちなので、痛みの感じ方も通常時と違ってくることがあります。

クリニックによっては妊娠中でも脱毛できるところもありますが、その際はどんな安全対策を取っているのか事前に確認しておきましょう。

 
博多の脱毛クリニック選びガイド