リーズナブルで効果の高い博多の脱毛クリニックをリサーチ

HOME » 知っておきたい医療脱毛Q&A » エステ脱毛との違い

エステ脱毛との違い

このページでは、医療脱毛とエステ脱毛の違いについて解説しています。

医療機関とエステの脱毛ってどう違う?

一般的に行われている脱毛の施術内容を見ると、医療機関では『医療レーザー脱毛』『医療電気脱毛』が主流です。また、エステでは『IPL脱毛(フラッシュライト脱毛)』『電気脱毛(ブレンド法)』があります。

医療機関で行う医療レーザーに対し、エステではIPL脱毛、医療電気脱毛に対して電気脱毛と考えると比較しやすいでしょう。
そこで、その効果や内容を細かく比較してみます。

医療レーザー脱毛 VS IPL脱毛

医療等レーザー脱毛とIPL脱毛について、いくつかのポイントを挙げて比較してみます。

 医療用レーザー脱毛 
  • 機械:医療用の特殊レーザーを使用
  • 痛み少しあり(輪ゴムで弾かれるような感じ。部位によっては痛みが強い)
  • 施術時間:5~10分
  • 費用:自費診療(医療機関によって異なる)
  • アフターケア:場合によってはお薬が出ます
  • 認可:厚生労働相によって医療行為とされています。
 IPL脱毛 
  • 機械:IPL機械(レーザーに似たフラッシュライトを使った機械)を使用
  • 痛みほとんどない
  • 施術時間:5~10分
  • 費用:サロンによって異なります。
  • アフターケア:施術後のトリートメントやジェルなどの購入を勧められることもあり
  • 認可:IPLをエステで使用することは本来違法

医療電気脱毛 VS 電気脱毛

医療電気脱毛と電気脱毛の違いについて、いくつかの項目をピックアップして比較してみます。

 医療電気脱毛 
  • 資格:看護師で100時間の研修を受けた脱毛士資格者のみが行う
  • 機械:医療機関のみ認可された高電流の脱毛器を使用
  • :絶縁針
  • 痛み:強い(場合によっては麻酔を使うこともある)
  • 時間:1本あたり0.5秒(月1回or2カ月に1回のペース)
  • 費用脱毛協会で設定されている。
  • 術後の状態痕が残らない(専用の特殊針)
  • アフターケア:場合によってはお薬が出ます
  • 違法性:医師や看護師免許をもっていればOK
 電気脱毛 
  • 資格なし
  • 機械:弱電流+電気分解反応の機械
  • :一般的な針
  • 痛み:強い(かなり痛みます。麻酔もできませんので我慢…)
  • 時間:1本あたり2~5秒(毎週1回のペース)
  • 費用:サロンごとに異なります。(結構高額です。)
  • 術後の状態:ぽつぽつと刺した痕にかさぶたができます。
  • アフターケア:トリートメントや化粧品の購入を勧められることもあり
  • 違法性:エステで針を刺すのは違法

比較してたどりついた結論は?

きれいになりたいと思う気持ちは今も昔も変わりませんが、その落とし穴に落ちないよう気をつけなければいけません。最近の技術は進歩し、以前は痛みとの戦いだった脱毛も痛みをそれほど感じることなくできるようになりました。
しかし、そもそも脱毛は、皮膚にダメージを与える施術です。ただきれいになるための目的で強いダメージを与えてしまい、取り返しのつかないことになる可能性も秘めています。

脱毛を受ける場合、このようなリスクを必ず念頭においておく必要があります。特に、資格や効果に疑問がありながらも現在主流となっているエステ脱毛には注意する必要があります。
そこで施術されている脱毛は安全なのか、そして確実なのかをリサーチすることが大切です。そういう意味で医療脱毛は、リスクを最小限に抑えられるとともに、万が一の場合にも対処してくれるという安心があります。
ですから、脱毛を受ける際にはよく考えて選ぶことを心掛けましょう。

 
博多の脱毛クリニック選びガイド