リーズナブルで効果の高い博多の脱毛クリニックをリサーチ

HOME » 知っておきたい医療脱毛Q&A » 料金の目安と効果を実感できる回数は?

料金の目安と効果を実感できる回数は?

このページでは、レーザー脱毛の料金の目安と効果を実感できるといわれる回数についてまとめています。

各部位ごとの料金の目安

ここでは、医療レーザー脱毛料金の目安を各部位ごとに紹介しています。当サイトで紹介しているクリニックの最安値~最高値も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ワキ

両わきがセットになっていることが多い部位です。
医療レーザー脱毛で一番安かったクリニックは、新幹線ビル皮ふ科の2,000円(1回)。
最高値は、アテナクリニックの12,000円(1回)です。
もっとも脱毛する人が多い部位で、各クリニックでの料金設定も安くなっています。脱毛が完了するまでには5~8回ほどの照射が必要です。

ひざ上・ひざ小僧・ひざ下とパーツごとに料金が分かれていることが多い部位。
照射面積の広いひざ上が一番料金が高くなります。比較的毛の色が濃く、時間がかかりがちなひざ下の最安値は、新幹線ビル皮ふ科の12,000円(1回)。
最高値は、あんぬクリニックの40,000円(1回)でした。料金にかなり開きのある部位です。

顔のレーザー脱毛は顔全体だけでなく、額・頬・顎・フェイスラインなどと分かれていることがあります。
細かい部位の脱毛を希望する人は、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。顔全体の最安値は、新幹線ビル皮ふ科の11,000円(1回)。最高値は、赤坂クリニックの30,000円(1回)でした。

価格と効果が満足できる博多の脱毛クリニックBEST5はこちら!

V・I・Oライン(デリケートゾーン)

VIOラインとひとくちに言っても、各クリニックごとに照射範囲はかなり違います。Vラインは全体とサイドに分かれていたり、OラインやIラインと外陰部の料金が分かれていることもあるので注意が必要です。最安値は、新幹線ビル皮ふ科の15,000円(1回)。最高値は、あんぬクリニックのVライン全体30,000円でした。

トータル料金と、脱毛以外にかかる料金もチェック

医療レーザー脱毛の料金は、基本的に自由診療となるため各クリニックが自由に設定しています。
このため、クリニックによって料金の高い・安いの差が生まれてくるワケです。料金で気をつけたいのは、「レーザー脱毛は1回で終わらない」ということです。
平均して5~6回、毛質・肌質によってはもっとかかる場合もあるので、その点を考えてトータル料金の目安をつけましょう。できれば、最低でも6回以上続けて通える料金設定をしているクリニックを選ぶと◎です。

脱毛以外にかかる料金もきちんと確認しましょう。
クリニックによっては再診料、麻酔を使用した際の料金、保湿クリーム等アフターケアの料金が別にかかってくることもあります。
万が一、皮膚に炎症が起きた際の治療費が料金に含まれているかどうかも重要です。診察料や軟膏などの処方にはどのくらいの料金がかかるのか、事前にチェックしておきましょう。
軟膏などの料金は平均500~1000円ほどですが、治療が長引くと金額もバカになりませんからね。

パーツ別・施術回数一覧表

医療レーザー脱毛で効果を実感するまでには、毛周期に合わせて複数回レーザーを照射する必要があります。一般的に脱毛効果を実感できる施術回数もまとめてみました。

  • ワキ:5~6回
  • 腕:6~8回
  • ひざ下:6回
  • 太もも:7~8回
  • 背中・腹周り
  • 腰:8回・Vゾーン
  • Oライン:5~6回
  • Iライン:7~8回
  • 顔:10回~(部位による)

施術回数を左右する要素とは?

医療レーザー脱毛の回数は、毛の太さ・濃さ・肌質・毛周期・部位・年齢によって変化します。
まずは、毛の太さと色の濃さ。太くて色の濃い毛はメラニン色素を多く含んでいるため、レーザーの効果が出やすくなります。
部位で言えば、ワキ・Vライン・ひじ下・ひざ下あたりでしょうか。うぶ毛や色素の薄い毛・細い毛は効果が出にくくなるので、腕・顔・背中・二の腕などは少々時間がかかる部位と言えるでしょう。
また、部位によって違う毛周期によっても、回数は大きく違ってきます。

肌質によっても回数は左右されます。敏感肌・アトピー肌の人にレーザー照射を行う際には、普通より出力を弱くする傾向があります。出力が弱くなれば、それだけ効果も出にくくなるので脱毛スピードはダウンしますね。ただし、敏感肌・アトピー肌の人は皮膚トラブルを起こす可能性が高くなるため、回数が少し増えても医療機関で脱毛した方が安心だと言えます。最後に年齢です。年齢が若い人の方が、年齢が高い人より脱毛にかかる回数は多くなる傾向があります。これは、30~40代以降の方がホルモンバランスが整い、毛周期も安定しているという理由から。10~20代前半は毛根の発達も著しいので、時期を待った方が効率よく脱毛できるそうです。

レーザー脱毛にかかる期間

レーザー脱毛は、毛によって違う毛周期に合わせてレーザー照射をしていく必要があります。
なぜなら、レーザーは成長期の毛根しか破壊できないからです。成長期の毛根を処理した後は、レーザーの効果が期待できない退行期・休止期が過ぎるのを待つ必要があります。
その期間は、部位や個人によって変わりますが1.5~2ヵ月。このサイクルに沿ってレーザー照射を繰り返すと、効率よく脱毛できるとされています。

すべての毛根を処理するまでにかかる期間は、平均1~2年。また、クリニックが使用しているレーザー脱毛機器の性能によっても、脱毛にかかる期間は違ってきます。

最新の脱毛機器を導入しているか、機種や特徴についてもホームページ等で説明されているかも、クリニック選びの大事な要素となります。

 
博多の脱毛クリニック選びガイド