リーズナブルで効果の高い博多の脱毛クリニックをリサーチ

HOME » 知っておきたい医療脱毛Q&A » 自己処理はやっぱりダメ?

自己処理はやっぱりダメ?

このページでは、自己処理による脱毛のメリットとデメリットについて解説しています。

カミソリ・シェーバーによる自己処理

カミソリ・シェーバーによる脱毛は手軽で安価であるため、多くの人が行っている方法だと思います。
しかし、鋭利な刃物を皮膚に当てて剃るということは、ムダ毛だけでなく肌を保護する角質層まで傷つけることになります。

剃ったあとに肌がヒリヒリしたり、乾燥したりするのは肌が傷ついているからです。
また、毛の流れに逆らってカミソリを動かすことで毛穴が傷つき、そこから雑菌が入ることも。毛穴が炎症や化膿を起こしたり、埋没毛を引き起こす原因となります。

この方法を繰り返すと皮膚にムダな刺激と負担がかかり、色素沈着を起こすこともあるので注意が必要です。

ただ、医療レーザー脱毛を行っている時期の自己処理は、シェービングが推奨されています。

レーザー照射を行う前にはシェービングを行う必要があるため、クリニックで正しい方法を教えてもらうと良いでしょう。

上手にシェービングするためには、皮膚を清潔にし、清潔なカミソリを使うこと。

肌を温めて柔らかくし、逆剃り・深剃りをしないよう優しく剃るようにします。

シェービングローションやフォームを使うと、肌へのダメージがかなり軽減するようです。最後に肌を冷やして毛穴を引き締め、保湿ローションやクリームでケアすることも忘れずに。

毛抜き・脱毛ワックス等による引き抜き

毛抜きでムダ毛を処理すると、一定の期間ムダ毛が生えて来ないので楽と言えば楽。
しかし、この毛抜きの処理が肌にとっては一番危険です。

毛穴が広がって雑菌が入ったり、毛穴が傷つき色素沈着を引き起こすこともあります。

とくに、汗をかきやすいワキの処理は避けた方が賢明です。

脱毛テープやワックスも、同じ理由でNG。

一気に広範囲を脱毛できますが、毛の流れに逆らって引き抜くのはとにかく痛い!毛の多い人ほど、強い痛みを感じます。

乱暴に複数の毛を引き抜くため、毛穴から血が出ることもあるようです。脱毛後の肌に赤いブツブツが残ったり、かさぶたが残るなど、肌へのダメージは甚大です。

脱毛クリーム・ムースなどによる除毛

脱毛クリームやムースを脱毛箇所につけ、表面の毛を溶かして除毛する方法です。

痛みは一切ありませんし、一見安全そうな方法ではあります。
しかし、体毛の成分であるたんぱく質を溶かすということは、皮膚の保護膜にダメージを与えます。

皮膚もたんぱく質ですからね、当然です。

炎症やかぶれ、アレルギーを引き起こす可能性もあるため、これもできるだけ避けたい脱毛方法と言えます。

 
博多の脱毛クリニック選びガイド