リーズナブルで効果の高い博多の脱毛クリニックをリサーチ

HOME » クリニックでできる脱毛メニューカタログ » レーザー脱毛

レーザー脱毛

このページでは、クリニックで受けられる「医療光脱毛」ついて解説しています。

レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛は、特定の色(毛のメラニン色素)のみに反応する特殊なレーザー光を使用した脱毛方法。

レーザーを照射すると皮膚下にある毛根のメラニン色素が光を吸収、吸収された光が熱に変わり毛根を破壊するというシステムです。

周辺の皮膚には影響を与えないため、痛みが少なく効率のよい脱毛法とされています。
ただし、これは医療行為となるため、皮膚科などの医療機関でしか受けられません。厚生労働省からの通達によると、エステサロンでのレーザー脱毛は医療法違反とされています。

毛には毛周期(成長期→退行期→休止期)があり、レーザーの効果が得られるのは「成長期」のみ。
これは、毛のメラニン色素量によるものです。退行期はメラニン色素が少なく、休止期の毛にはメラニン色素がないためレーザーの効果が出ないのです。

レーザー脱毛をする際には、身体の部位によって違う毛周期に合わせて照射を行うことが大切です。何度か照射を繰り返してすべての毛根を破壊すれば、永久脱毛に近い効果を得ることが可能です。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリット
医療機関で行うレーザー脱毛は、エステの光脱毛と比べてレーザーの出力が高いのが特徴。
毛根そのものを破壊するため、1度処理すれば再生されません。ほぼ永久脱毛となります。生えてくるとしても、細いうぶ毛で気にならない程度です。
また、施術時間が短いのも◎。両ワキであれば約5分程度と短時間なので、身体へのダメージも少なくなります。

医師や看護師などの医療従事者のみが施術を行うため、安全性が高いのもメリット。
事前に医師がが診察を行うので、敏感肌・乾燥肌・アトピー体質の人でも安心して治療できます。
また、ヤケドや赤みなど、万が一の皮膚トラブル時に迅速な診察・処方が受けられるのもポイント。

痛みが心配な人には、麻酔クリームなどの使用も可能です。
これは医療機関ならではの対応で、エステでは不可能となります。

さらに、料金もリーズナブル。

以前はエステ脱毛の方が安いとされていましたが、今は価格競争などからレーザー脱毛の料金も大幅に下がってきています。

エステと違って勧誘もないためトータル料金が増えることもありませんし、医療従事者による施術で安全に永久脱毛できると思えば、かなりリーズナブルな脱毛方法と言えるでしょう。

デメリット
レーザーはメラニン色素に反応する性質を持っているため、日焼けをした褐色の肌には照射を行えないことがあります。
また、メラニン色素が薄い毛(白髪・うぶ毛など)にはレーザーの効果が得られないこともデメリットとなります。
ただし、最新のレーザー脱毛機器であれば、色素の薄い毛の脱毛も可能。クリニックがどのような脱毛機器を導入しているか、きちんと確認しておきましょう。

施術方法

1.カウンセリング・診察
カウンセラーや医師・看護師によるカウンセリング。レーザー脱毛の仕組みや施術方法、注意点などを説明。医師による診察で肌質・毛質などをチェックし、個人に合わせてレーザーの出力調整を行います。

2.剃毛
事前に自分で剃毛してくる場合と、クリニックで剃毛を行う場合があります。
毛が残った状態でレーザー照射を行うとヤケドの危険性があるため、剃毛で照射に適した状態にします。

3.ジェルの塗布
レーザー脱毛の痛みを緩和し、ヤケドを予防するためのジェルを塗布します。
使用する機械によっては、使用しない場合もあります。

4.レーザー照射
レーザーを照射して脱毛します。

5.アフターケア
皮膚の冷却(クーリング)や保湿ケア、炎症止めの薬などを塗布して皮膚を鎮静。

クリニックによってケア内容が違うため、事前に確認しておきましょう。

6.再照射
再度、来院し、毛周期に合わせてレーザー照射をくり返し実施します。

一般的には、1.5~2ヵ月ごとに照射。5~6回ほどの通院で、かなりの脱毛効果を実感できるようです。

 
博多の脱毛クリニック選びガイド